LemonteaのUnity部屋

LemonteaのUnity部屋

Unityの使い方とかです~

VisualStudioのスニペットでスクリプトを書く手間を端折る!

こんにちは。レモンティーです。

スクリプトを書いていると、何度も同じ構文をかくことがあります。
大体はVisualStudioの補完機能のおかげでそれほど苦にはなりませんが…

中には面倒な輩もいます。

そこで今回は、スクリプトを書く手間を端折る方法を調べました。

その結果、スニペットという便利な機能が見つかったので紹介します。

そもそもスニペットとは…

プログラムの辞書登録のようなものです。
たとえばswitchと入力してTabキーを二回押すと、

switch (switch_on)
        {
            default:
        }

と勝手にテンプレを書いてくれる機能です。

string絡みだと日本語入力してるのでスニペットより
辞書登録で端折ったほうが便利だったりしますが、

スニペットには複数行登録できるという強みがありますので
覚えて損は無いと思います。

既存のもの

VisualStudioでは、はじめから使えるスニペットがあります。
先ほど紹介したswitchなどですね。

↓のサイトに一覧があります。
「名前」の所に書いてある文字を入力してTabキーを二回おせばOKです。

Visual C# のコード スニペット

自作しよう

さて、デフォルト以外にも
自分が「よくつかうな~」と思う物を登録できます。

公式チュートリアルはコチラ
チュートリアル: コード スニペットを作成する


それではVisualStudioを開いて
実際にやっていきます。
(いつもみたいにスクリプトをダブルクリックして開いたので問題ないです)


まず、スニペットを書くファイルを作ります。

ファイル>新規作成>ファイル

f:id:sawalemontea:20170820170114p:plain

スニペットXMLで書いていくので
XMLファイルをダブルクリックします。

f:id:sawalemontea:20170820170423p:plain

こんな画面がでました。

f:id:sawalemontea:20170820170446p:plain

ここに、テンプレを参考に書いていきます。

今回は、switch文をさらに楽に書くため
三個の分岐を登録しておきます。

f:id:sawalemontea:20170820170433p:plain

こんな感じです。

↓コピペ用

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<CodeSnippet Format="1.0.0">
  <Header>
    <Title>switchcase</Title>
    <Shortcut>ca3</Shortcut>
  </Header>
  <Snippet>
    <Code Language="CSharp">
      switch()
      {
        case(0):

         break;
        case(1):

         break;
        case(2):

         break;
      }
    </Code>
  </Snippet>
</CodeSnippet>


<Title>の部分はスニペットの名前です。たいした意味はないです。

<Shortcut>は重要で、呼び出しのための文字列です。
ここの文字を入力してTabキーを二回おすと呼び出されます。
さっきの一覧でいう「名前」にあたります。


<Code Language="CSharp">と </Code>の間にコードを書きます。

これで保存します。
その際、拡張子は.Snippetにします。

f:id:sawalemontea:20170820171849p:plain


あとはこのファイルをインポートすれば使えます。

インポートするには、
ツール>スニペットマネージャーで開いた画面でインポートします。

f:id:sawalemontea:20170820172050p:plain

f:id:sawalemontea:20170820172104p:plain

次の画面で完了をおせば無事インポート終了です。

さっそく試してみましょう。

ca3と入力して、Tabキーを二回押します。

f:id:sawalemontea:20170820173522p:plain

おお~楽ちんですね!

これからよくつかうのが現れたらまた登録しようと思います笑笑

今回はこれでおしまいです。